バフェット銘柄のKO。現在は購入するべきか!?

おはようございます、KOMINAAAです。

「バフェットの財務諸表を読む力」を読んでから、個別銘柄は良い銘柄を納得できる値段で購入して見守るというスタイルでいきたいと思っています。

気になったのが本で例に上がっていて、現在もバークシャーの上位銘柄であり、私の保有銘柄でもあるKOです。

バフェット氏はKOを保有し続けていますが、少なくともここ10年、いやもっと長く買い増ししていないはずです。
保有を続けているので、優良企業だとは思っているけど、10年前や今の値段ではバフェット氏が納得する良い投資になるとは思っていないということでしょう。

スポンサーリンク









1980年代末、バフェット氏がKOを買い始めた時の平均取得単価は1株6.50ドルと書かれており、さらに2012年に株式分割1→2しているので、現在に当てはめると実質の購入単価は3.25ドルほどです。(間違ってたらすみません。。。)

2019年のEPSが2.09ドルだったので、初期投資額に対する益回りは64%という暴利です。
利益率も依然として高いですし、当然売却する必要がないです。
ただ、買い増しはしてません。

多分バフェット氏の取得単価のドルまでは一生下がることはないと思います。
私達が考えるのは今の株価でもKOを購入したら良いリターンになるのか?というところです。


ボトリング事業の再フランチャイズ化や買収を経て、2019年は好調でした。
来年、再来年は増収増益が予想されています。

EPSが来年、再来年は10%ほど伸びる予想が出ています。
2021年のEPS予想が2.4ドルぐらいです。

仮に5年後のEPSが3.0ドルになったとしても現在の株価が59ドルほどなので益回りは5%(PERは20倍)ほどです。
KOほどの銘柄がそれぐらいEPSを成長していけるならPERは25倍ぐらいは最低でも買われるだろうから株価の上昇とあと配当金のリターンはありますが、EPS 3.0ドルでも投資額に対する益回りで見ると5%です。

そもそもKOが5年後にEPS 3.0ドルを達成するのは厳しいかなーと思っているのでそこまで良い投資になるとは思いません。
もっと長期で考えて、少しずつでもEPSが伸びると予想するなら購入出来ると思います。
そうなればバフェット氏の取得単価に対する利回りも膨れ上がりますね。羨ましい。

私は長期的にはEPSが増えると思うので保有を継続しますが、今の株価なら買い増しはしません。
ちなみに私のKOの取得単価は47.6ドルなので、5年後にEPS 3.0ドルを達成出来るとすれば益回り6.3%になります。
うーん、悪くはないけどそんなに良くもないという感じです。
まぁEPSをそれだけ伸ばせれたら評価益はそこそこありそうです。
ただ、KOを売却する気はないので評価益はあまり気にしませんけどね。


結論はやっぱり買値は大切だということです。
優良企業を購入するにしても良い価格で買うことが莫大なリターンへの道ですね。
ただ、バフェット氏のようなリターンを狙うのは難しいです。
バフェット氏ほど良い価格で取引出来る気はしませんし、一度に大金を投入する勇気もないです。
ただ、お気に入り銘柄だからといってバリュエーション無視で買い増しするのは止めておきます。

良い企業×良い価格=莫大なリターンということは頭に入れておきたいです。

まぁSPY(S&P500)が登場した頃に買っておくだけでも買値に対する益回りはすごいんですけどね。
個別銘柄は倒産リスクが捨てきれないことと上昇相場の機会損失にならない為に積み立てはVOOでやっていきたいです。
個別銘柄は自分が納得出来る価格になれば取引しようと思います。

バフェット氏ほどではなくても、バイ&ホールドでVOOに勝てる銘柄と価格で購入したいです。

ではではー。

スポンサーリンク









良い記事だと思って頂けたら、↓押してもらえると喜びます♪

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村