保有ETFの2019年のリターン調査→やっぱりS&P500強いわ。

おはようございます、KOMINAAAです。

2020年はもう2月に入ってるのですが、S&P500をはじめとする保有ETFの2019年のリターンってどれぐらいだったんだろう?と気になったので調べました。

スポンサーリンク









ザッと数字を並べます。
(インフレ調整前、配当再投資)

・VOO→31.35%
・VYM→24.07%
・VT→26.82%
・VEU→21.83%
・DEM→19.88%
・SPYD→21.19%
・VHT→21.86%
・VGT→48.61%
・XLP→27.43%
・PFF→15.92%

1年だけのリターンを見ても仕方ないですが、保有ETFでVOOに勝てたのはVGTだけでした。
VOOやっぱり強いですね。
VEU・DEMといった米国外ETFはVOOに普通に負けてます。
それでもこれから何十年投資していく中で米国企業一本でいくのは怖さを感じます。

ただ、VOOの比率はもう少し上げようかと考えています。
もちろんこの1年だけを見てではないです。
長期で考えたらS&P500への投資はリターンと安心感を兼ね備えてますからね。

あと思ったのが、、、DEMは経費率がやっぱり痛いですね。
VWOの方が良いのかな?と少し思い始めています。


まぁ2019年は総じてリターンが高いですね。
1年リターンですけど、バイ&ホールドさえしてれば高いリターンを得られました。
市場に居続けるというのは大事だなと感じます。
PERが40倍とかいくと売却するか迷いますが、30倍ぐらいだとホールドしてるだけの方が良いかと思います。
どうせ市場なんて私には読めませんから。

ちなみに私のポートフォリオで比率の高い個別銘柄のリターンは、
・PG→39.70%
・KO→20.61%
・SBUX→39.07%
・T→45.62%

奮闘してました!
今のところ売却予定はないですが、比率の高い個別銘柄はしばらく買い増ししません。
とりあえずはETFの比率が上がるようにしていきたいです。


今回調べてみてやはり米国株、特にVOO(S&P500)は強いなーと思いました。
私が米国株投資を初めてからはずっとです。
米国外企業に投資している資金はリターンを犠牲にしている気もしますが、それでも米国外企業にも投資しておきたいです。

ただ、DEM→VWOにするかはちょっと考えようと思います。。。

ではまたー。

スポンサーリンク









良い記事だと思って頂けたら、↓押してもらえると喜びます♪

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村