CSCO株価急騰。PERはどこまでこだわるべきなのか。

おはようございます、KOMINAAAです。

16日【CSCO】シスコ・システムズの株価が急騰しました。
売上高・利益ともに予想を上回る決算だったようです。


CSCOはウォッチ銘柄で設備投資が少なくフリーCFが多い優良企業です。
NYダウにも採用されていますね。
たしか株価が50ドルぐらいの時に投資したいなーと思っていました。

今でもCSCOには投資したいと思っていますが、現在は結構株価が上がっています。
予想PERは約20倍です。
こういう優良企業はPER20倍でも購入するべきなんでしょうね。

PER16~18倍ぐらいに下がるまで待ちたいとか思ってるから優良企業を逃すことになることが結構あります。

いや、PERが高くてもKOやPGには投資しているので、PERというよりは業種で判断しているのかもしれません。

というのもCSCOの事業ってルータ、セキュリティ、テレビ会議など以前にちょっと調べたのですが、何というかあまり分からないんです。
製品を見ても分からないですし、馴染みがないです。

業績は優秀ですが、事業がいまいち分からないから少しでも安全な値段で買いたいです。

ですが今回のように良い決算を当たり前に出してくるので、今後は利益率が高くて業績が安定している銘柄はPER20倍ぐらいでも検討しようかと思います。
あとCSCOの配当利回りはS&P500より高いです。

そこも配当金が好きな私としては良いことです。

スポンサーリンク









PERへのこだわり



私がKOやPGに投資したときはまだシーゲル教授の赤本を読んでいませんでした。

KOやPGは連続増配の実績もありますし最近の利益率も高いので、まぁ購入して仮に株価が下落すれば追加投資したら良いやって思って投資した気がします。
PERは覚えていませんが、20倍は超えていたと思います。

2018年の最初の頃、PGは購入してすぐ株価下落したので追加購入して今のところ結果的には成功しています。
(KOも下で拾いたかったですが、資金がなかったです)


今は投資する時、PERと配当利回りをかなり重視しています。
「魅力的な価格で買う」とか「成長の罠」「いくら払ってでも買う価値のあるワインはない」とかバフェット氏やシーゲル教授の本で学びました。

鉄板銘柄への投資で以前より慎重になっているのは間違いないです。
これらの言葉通りに行動してうまくいけばかなりのリターンになるのだと思います。

ただ、実際には見極めというかどの程度まで下がれば購入するかすごく悩みます。
黄金銘柄の平均PERはS&P500のPERより高かったのは事実です。
それでもなるべく低いPERで購入したいとか余計な感情が出てくるんですよねー。


うーん、難しいですね。

自分がそれなりに納得出来る価格なら購入しても良いかなー。
優良企業はPER20倍でも検討するようにしようかなと考え出しています。

スポンサーリンク









良い記事だと思って頂けたら、↓押してもらえると喜びます♪

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村